wharflat ワーフラット

タトゥー・よくある質問

タトゥーって消せるの? やっぱり痛い? みなさんの疑問や不安にお答えします。

QA項目

※ 項目クリックで、ページ内ジャンプします。

Q. どんな肌質( アトピーやニキビ肌など )でも、タトゥーを入れられますか?

A. 症状にもよりますが、ボディにアトピーやアレルギーがある方はやめた方がいいかもしれません。カウンセリングの際にタトゥー・アーティストに相談してみて下さい。「彫ったらこうなります」という確認があるはずです。その後どうするかはお客様に判断していただきます。

Q. タトゥーを入れるときに痛みを感じやすい部位はどこですか?

A. 骨の上が痛いと言う方が多いようです。骨に振動がくると痛みも感じやすいかもしれません。太ももや腕など、肉の厚い部位は比較的痛みも軽いようです。また、普段刺激をあまり受けない身体の内側( 内股、くるぶしの内側など )は痛いという話もあります。

Q. 1日でどのくらいの大きさまで入れられるのですか?

A. お互いの体力が持てば24時間入れることも出来ます。しかし、タトゥー・アーティストも人間ですから、集中力にも限界があります。最良の状態で入れられるのは、1回4時間くらいまででしょう。入れられる側も、痛みに耐えるだけでも相当な体力を消耗します。人によっては、もっと早く切り上げた方が良い場合もあります。個人差があるので無理はしないようにしましょう。

Q. 施術中に具合が悪くなったら中断できますか?

A. できます。具合が悪くなったらすぐにお声かけ下さい。たいていの場合、2時間おきくらいに休憩を挟みますが、痛みの感じ方や痛みに対する強さは人それぞれです。無理をすると発熱してしまうこともありますので、我慢しすぎないようにして下さい。

Q. タトゥーのインクは服に付いたら落とせますか?

A. 専用のインクなので落ちません。ですから、くれぐれも汚れても良い服装でのぞんで下さい。

Q. 施術当日の服装は?

A. 足に入れる場合は短パン、腕に入れる場合はタンクトップなど、入れる部位を見せやすい格好をしていくのがベストです。また、どうしても血やインクの飛び散りが防げない場合もありますので、汚れても良い服装が良いでしょう。

Q. 施術当日の持ち物は?

A. 基本的に、特別なものはいりません。持っていると便利なものとすれば、あらかじめ消毒液を染み込ませたコットンと、自分の肌に合った軟膏。これは施術後、家に帰るまでの間に、タトゥー部分から体液が出るので、それを拭き取るためのものと、タトゥーの乾きを防ぐため。これがあれば、帰宅まで少し時間があいても安心でしょう。

Q. 施術前日の飲酒は控えた方が良いですか?

A. 控えた方が良いです。飲酒をすると、痛みを感じやすくなるという話もあります。また、施術は体力を消耗しますので、二日酔いの状態で臨むと、とてもつらくなってしまいます。よりベストな状態で、痛みを少なく施術したいなら、当日はもちろん、前日の飲酒も避けましょう。

Q. 風邪をひいていたり、体調が良くない場合は施術を控えた方が良いですか?

A. 体調の優れない日に無理をすると、後でとても具合が悪くなってしまうので、やめた方が良いでしょう。施術前のカウンセリングでタトゥー・アーティストに相談してみて下さい。無理はせず、後日に回した方が安心だと思います。

Q. 出産記念にタトゥーを入れたい!産後どのくらい待つべきですか?

A. 産後は体質が変わります。それまで何ともなかったのに、アレルギー体質になってしまったりなどもよくある話です。体調が完全になったと思えるまで施術は控えましょう。産後半年くらいは待った方が、トラブルは少なくなると思います。また、授乳期は身体がとてもデリケートな状態です。施術は避けて下さい。

Q. タトゥーを入れるのに適した季節ってあるんですか?

A. 真夏はおすすめできません。湿気が多く、汗をたくさんかくのでタトゥーの治りが悪くなります。また、汗をかくと施術部分が痛むこともあります。夏の露出の時期に向けてタトゥーを入れたい人は最低でも2~3ヶ月前に入れると、絵柄も落ち着き、良いと思います

Q. 施術の日に生理になってしまった!キャンセルした方がいい?キャンセル料は?

A. 生理の日でも施術は可能ですが、生理のため具合が悪くなっているようであれば、キャンセルした方が良いでしょう。やむを得ない理由であればキャンセル料はいただきませんが、前もって確認しておく方が良いでしょう。

Q. アフターケアを怠ると肌が荒れたりしますか?

A. 肌が荒れることはありませんが、かぶれて色が抜けることはあります。また、タトゥーが落ち着かないうちに海などへ行くと、バイ菌が入ってしまうこともあります。

Q. 色をキレイに保つ為にはどうしたらいいですか?

A. 日焼けを防ぐことと、ボディピーリング( 角質落とし )をしないこと。皮膚がむけるようなことをすれば、当然、絵柄の落ちも早まります。

Q. 日焼けして皮がむけるとタトゥーの色は変わりますか?

A. 「色が変わる」というより「色が薄く」なります。これはその人の代謝の具合にもよります。代謝が良い人は皮膚がどんどん生まれ変わるので、その分タトゥーの色抜けもどちらかといえば早くなるようです。

Q. 太ったり痩せたりすると絵柄は変わってしまいますか?

A. 100kgくらい激太りしてしまったら変わると思いますが、5kgや10kgくらいではほとんど変わりません。ただし、胸にタトゥーを入れた場合、年齢とともに絵柄が下がり、少し縦長に伸びたりすることもあるようです。

Q. 妊娠したらおなかの部分にあるタトゥーは変化しますか?

A. 皮膚が広がれば絵柄も広がりますので、大きくのばしたようにはなります。産後はその人のおなかの戻り具合にもよりますが、もとの大きさに戻ります。

Q. タトゥーを入れた部位の体毛を脱毛したり脱色しても平気ですか?

A. タトゥーは体毛の毛根近くまで深く入れている訳ではないので、脱毛は問題ありません。脱色は、そのブリーチ剤が肌に浸透した場合、色抜けが早まる可能性があります。

Q. 絵柄の色を変えたくなった。今入っている色の上から違う色を入れることは可能ですか?

A. 同系の色で更に濃く入れることは可能です。( 例:ピンク→赤、オレンジ→赤、キミドリ→緑 ) また、色を変える場合、施術から最低でも3週間後に行うようにして下さい。タトゥーがある程度安定してからの方が安心です。もしくは、施術したその日に色を直す。完成したタトゥーを見て「やっぱりあの色がいいな」と思ったらアフターケアをする前にタトゥー・アーティストに相談して下さい。

Q. タトゥーサロンを選ぶコツはありますか?

A. まずは衛生面。きちんと作動している殺菌機器があること。今はほとんどのタトゥー用品が使い捨てですので、自分の肌に触れるものが清潔であるかを確認しておきましょう。もうひとつは、対応が丁寧かどうか。これはサロンを見に行けば分かるはずです。どんな絵柄を入れたいのか、熱心に聞いてくれるようであればOK。また、自分の意志をきちんと伝えることも重要です。話を聞いてくれなかったり、向こうの意見を押しつけてくるようなサロンならやめておいた方が良いでしょう。

QRコード

for mobile

オトクなクーポン
ぜひご利用下さい!

tel:

048-524-0773

open:

11:00-20:00

( 月曜定休 )

※時間外のお電話も承っております。お気軽にご相談下さい。

location:

埼玉県熊谷市銀座2-39
YMKビル2F
ニットーモール
サーティワン向かい